東大化学対策

fmag投稿 2024/6/13 22:02

高2 理系 茨城県

東京大学工学部志望

6月東大本レを受けて来て半年前あたりから鍛えていた物理は偏差値65を出せたのですが、化学は全く手を付けておらず、今までで偏差値45を超えたことがありません。夏に向けて重点を物理から化学に変えようと思っています。夏冠には有機化学で得点をすることを目標としていますが、具体的には有機化学の内どの分野を徹底すべきなのか、また理論、無機化学はどうすればよいのか分かりません。
尚、進度は理論、有機ともに終了しており、無機はほぼ0です。高分子は3月あたりにやりましたが演習ほぼ0なので初学に等しいかもしれません。

回答

ホルムンクス投稿 2024/6/17 00:54

東京大学理科二類

こんにちは!
現在東京大学理科二類に通っています。ホルムンクスと申します。私の経験に即して東大の化学の対策についてお伝えさせて頂きます。よろしくお願いします。

まず夏冠の化学において、有機化学の範囲はほぼ脂肪族、芳香族に限定されています。これは恐らく高校での授業進度を予備校が考慮してくれた結果でしょう。しかし、もしかしたらグルコースやアミノ酸などの分野も出題されるかもしれません。(実際に去年のオープンで出題され、ボコボコにされた覚えがあります。)とは言え、あくまで脂肪族と芳香族を固めるのが最優先だと思います。高分子についてはほぼ出題されないと決め打ちして問題ないと思います。

続いて、理論や無機も含めた東大化学全般の対策についてお話します。
理論は重問や新演習などの網羅系参考書を用いて、各分野の基本的な計算を完璧にして、すぐ解法が思い付くようにしていました。その上で、東大化学は分量が非常に多いため、速く解ける且つ答えを正確に出すことが出来るようにならなければなりません。そのためには冠模試などの過去問を利用して東大化学の形式に慣れかつ時間配分も考えておきましょう。ちなみに私は先に理論・無機を確実に解き、有機は余った時間で最後に回していました。というのも有機は構造が決定できずに泥沼にはまって無駄に時間を食ってしまう可能性があったからです。
また、理論や無機では序盤の問題を確実に得点することを意識していました。各問題の最後の方を解ける人は受験生の中でも多くないので、みんな解ける序盤の問題だけは確実に正解するべきだと思います。なので最後の方の問題は積極的に飛ばして次の問題へ進んでいました。
無機については、とにかく知識を増やし、穴を無くしていくことです。これに関しては東大の冠模試の過去問でも対策になりますが、共通テスト模試などの問題でも十分に対策になります。私が実際にやっていたこととしては、問題を解いて抜けていた知識をそれ用のノートにまとめ、後で復習できるようにしていました。無機の知識は理論や構造決定で役立つこともあるので、なんぼあってもいいです。限界を設けずいろんな知識を吸収していくことを心がけていました。

以上が私の経験に基づく化学の勉強法の薦めです。
化学は一度掴めば安定した得点源になりうるので頑張ってください。質問者様のこれからの勉強を影ながら応援しております。頑張ってください。

vlKTd4IBTqPwDZPuM76X
W2ZcC12AhJOfYRgLkUJXXyeWmP73
cGwG5Yog2a4gb8uCpfTK