音読の効果

アミーゴ投稿 2024/7/4 05:46

高3 文系 千葉県

早稲田大学文学部志望

こんばんは、早稲田大学文学部志望の高校3年生です。

私は本当にリスニングが苦手です。そして英語を喋るのも苦手です……。

高校2年生の2月頃に受けたベネッセ共通テスト模試では、共通テストのリスニング問題の出方を何も知らなかったとはいえ22点ほどしか取れませんでした。
そして高校3年生の5月になって受けたベネッセ共通テスト模試では共テの傾向を把握したお陰か、35点に上がっていましたが、まだまだ出来ていないと思いました。

第1志望の早稲田大学文学部ではリスニング試験が課されないのですが、それでも共通テスト利用で併願校に臨みたいと思っているため英語・国語・世界史の3科目で最低でも7割は欲しいです。
ですがリスニングが大きく足を引っ張っているため、全部で5割ほどしか取れていません……。

そこで遅くなってしまったのですが、1週間ほど前から参考書を利用して音読もし始めました。
使用している参考書は、『The Rules 2』と『速読英熟語』です。
しかし、音声を0.8倍速に設定したりして15回以上音読をしても、一向に上手くなる気配がありません。
もちろん1週間程度で英語力が上がるとは思っていませんが、それでも自分の読み方が悪いのか,それとも自分には英語が本当に向いていないのではないか……と不安になってしまいます。

そこで質問なのですが、私のように「リスニングとか音読が苦手だったけどこれを続けたら英語力上がったよ!」という方などがいらっしゃったら勉強のコツなどを教えていただきたいです……!😭

回答

keke投稿 2024/7/7 04:11

一橋大学経済学部

はじめまして!
一橋大学経済学部の1年生です。
高3の4月になってから受験勉強を始めたということもあり、自分も英語が苦手で苦手でしょうがなかったのですが、1年間必死に努力して一橋経済の他にも慶應経済、慶應商、早稲田商など受験全勝をすることが出来ました。少しでも私のアドバイスが参考になればと思います。

まず経験として、リスニングは苦手だけどリーディングは得意という人はほとんど見た事がありません。厳しいことを言いますが、リスニングだけ何か特別な技量が必要という訳ではなく、リスニングの点数が低いのは単純に英語力の不足が原因だと思います。

小さい頃から英語の英才教育を受けてきたあのにっくき方々は、何も努力せず基礎を一つ一つにリスニングでとんでもなく高い点を叩き出してきます。本番はそいつらに勝たなければなりません。そのためにわれわれ純日本人は基礎を一つ一つ積み重ねていくしかないのだと思います。

こう偉そうに言っていますが、自分もこの時期共テ英語で五割にも届いていなかったので安心してください笑。

まず単語です。単語帳はやっていると思いますがどれほど身についていますか?英語をパッと言われてその日本語訳が瞬時に出ることが目標です。(自分は4月から単語帳を初めて全ての単語でそのレベルに達したのは冬休み前でした笑)1冊でいいので英語をパッと言われてその日本語訳を瞬時に出す、単語を体に染み込ませるまで(本当にしんどいですが)やり込むことが大切だと思います。

次に英文解釈です。英文を単語単語で読んでるうちはリスニングでも同じように単語単語でしか聞こえてきません。一文をきちんと構造化して捉えることができるかどうかが大切です。これをしっかりやり込むことでリスニングの時も、スラスラと流れてくる英文を頭の中で構造化して捉えることが出来ます。(自分はこの英文解釈に6月の全ての勉強時間をまるまるつぎ込みました。リスニングが苦痛に感じなくなったのはこの時で、文章が頭の中で構造化されていくのが実感出来ました。もちろんリスニングのために英文解釈をとは思っていませんでしたが、英語力がついたと実感できた時でした。)

ここまでやって初めて音読の壁が立ちはだかるのだと思います。(自分は音読は音声無しが基本で、飽きたら音声をつけるというふうにやっていました。単語の段階で正しい読みはわかっていると思っていたので、音声の有り無しはあまり関係ないと思ってました)

個人的に音読をする意義は①文章をすらすらと構造化して捉える練習②単語、コロケーションを染み込ませる、の大きく2つだと思います。①についてはいくら音読を繰り返したところで上手くなりません。英文解釈で学んだことを英文で練習している訳なので、英文解釈の基礎がしっかりしていないと①を身につけることは難しいと思います。(自分はある程度までは全ての文章にSVOCを振ってから音読をしていました。)

②についてはやればやるだけ効果があると思います。自分の体感上、音読20回目になってようやく身についた感が出てくると思います。「身についた!」っていう感覚です笑。

自分は受験本番まで音読をとても重視していました。秋に過去問演習を始めた時に音読をしなかった時期があったのですが、スランプに陥ってしまい、音読を再開したらスランプから脱却しました。もちろんリスニングも含めてです。試験当日まで音読を繰り返しました。自慢になってしまいますが、本番までに、やっておきたい700·1000、ポラリス4、英文読解の着眼点、システム英語長文、速読英単語、リンガメタリカのほとんど全ての長文を20回以上ずつ音読しました。(速読英単語とリンガメタリカは直前のリスニング対策としてシャドーイングも混ぜました)

ただし注意しておきたいのは、これだけやれば英語力がつくというとこではなく、それまで基礎を嫌になるほど続けてきたから英語が伸びたのだと思います。

基礎をむちゃくちゃやってもやはり最初は音読を上手くはできませんでした。

まずは基礎を死ぬほどみにつけること。そしたらあとはひたすら継続すること。英語力が伸びてくれば自然とリスニングの点数も上がって来ます。今点数を見るとリスニングが足を引っ張っていると感じ、どうにかしなきゃと思うかもしれませんが、根本的な英語力を見つめ直すことで、気づいたら点数が上がっていると思います。

これから大変なことが多いと思いますが、是非頑張ってください!応援しています!

M1usVzo8t7a9JIlPapT24XR6Gpm2
rfNTB8xhVSRxkI5yTiAGw9mzB073
gEpJVgJ4NxdNmaRmpO13