英文解釈 参考書

ああ投稿 2024/7/1 05:16

高3 文系 広島県

京都大学経済学部志望

京大文系志望です。
現在英文読解の透視図を一周して、東進模試やZ回の添削では6、7割ほどをうろちょろしています。最近、英文解釈教室という参考書を耳に挟んだのですが、どのレベルのものでしょうか。ひとまず透視図の二周目をするのが先だと思いますが、使う価値があるのでしょうか。曖昧な質問になってしまってすみません。宜しければ回答お願いします。

回答

yura投稿 2024/7/1 07:34

京都大学経済学部

私も受験生の時少しだけやってみようって思って塾にあったものをやったことがあるのですが結論から言うと、レベルはポレポレや透視図の少し上で、この参考書を完璧にすれば受験英語において最強になれそうだなという印象です。使う価値は大いにありますが、受験まで残り1年未満という期間を考えると私ならしないかなと思います。

少し気になったのですが、添削で6-7割というのは、残りの3-4割は何が原因で落としてますか??京大英語を伸ばすポイントは英文解釈以外にもたくさんあります。透視図が完璧になったら、そのまま英文解釈を極めるというよりも単語、英作文の例文暗記、説明問題対策、自分なりの長文の読み方の確立、過去問研究(既出の難単語の暗記)、自由英作文での戦略を考える、等その他のポイントで「本番絶対に6-7割を取り切る力」というのを身につけていくのがいいかと思います。その上で8-9割取りたいなら英文解釈教室を使うのもアリです。(医学部志望とかでない限り英語は6-7割取れれば十分ですが)

DtHGx9MA2PQV5JzGBaqLkuiniC93
HHv61DremFa0ePfzsD5UUzFt4v53
gw2BXYK6gEdTVH62HmgV