英語長文をやるか否か

ieko投稿 2024/6/29 01:52

高2 理系 愛知県

京都大学工学部志望

現在高二で、京都大学工学部を目指してる者です。5科目の中で特に英語が苦手で、とりあえずターゲット1900とvintageを終わらせたのですが、このまま解釈をゴリゴリやっていくか、解釈をやりながら長文を半々に進めていくか悩んでいます。また、解釈、長文のおすすめの参考書なども教えて欲しいです。

回答

あるみ投稿 2024/6/29 08:10

京都大学工学部

京大工学部2年です。
結論からいうと、高校2年のこの時期に解釈に一本化するのはおすすめできません。
たしかに、京大の英語は訳の問題が多く、英文解釈の勉強が重要でしょう。しかし過去問を見ていただけるとわかると思いますが、京大の英語は下線部のみを読んでそこだけを訳せばよい、というようなぬるい問題ではありません。下線部を訳すにあたって、その前後の文章も密接に関わってきます。また、長文の演習というのは、知らない単語、知らない話題を知ることもできますし、抜けてる単語や文法などの確認等、自分の英語の勉強の足りないところを明らかにしてくれます。長文の勉強を毎日やる必要は全く無いですが、週に1回くらいは自身の英語の学習に取り入れてみてはどうでしょうか?

自分のおすすめとしては、高3の夏休み明けまでは単語、文法、長文、解釈は2:2:1:3くらいの割合で、勉強するのがよいでしょう。(ターゲットとvintageが終わった、というのがそれらを完璧に覚えきった、という意味なら単語と文法はやらなくても良い。)

参考書としては、解釈だと英文解釈の技術100(英語が苦手なら基礎英文解釈の技術100からやるのがよい)からの透視図、長文はthe Rulesがオススメです。

がんばってください!

ooUePTSSmqSZl3FAyV53xSYucn82
CKD54sbUwKdVQDZnJIhzvdtGzfB3
Kqt8c9I9QFVJBSRAlvBm