比較の英文和訳

jdg投稿 2024/6/21 18:20

高3 理系 青森県

旭川医科大学医学部志望

比較の英文和訳が苦手で全くできませんし、意訳がしてあると尚更です。どうすれば良いでしょうか?何か良い勉強の仕方や意識するところ、また何か良い参考書等あれば教えていただきたいです!

回答

31投稿 2024/6/23 01:40

京都大学農学部

はじめまして!

比較はよくパターン化されて参考書とかに載っていますが、パターン丸暗記してもいざ実践してみると何が何だか分からないですよね。
私はこれといった参考書に出会わなかったので、私なりの理解のコツを紹介させていただこうと思います。

比較を抑えるコツは一旦文法を離れて状況を整理することです。もちろん文法を無視して読み進めていいという意味ではなく、状況を理解してから文法を元に構文を取って解釈していきます。
状況は具体的に①主体、②対象、③項目、④結果の4点で構成されます。詳細は以下に記述しますが、これはあくまで私個人の理解なのであまり鵜呑みにしすぎないでください(特に表現とか)。

まず①主体から。主体は注目されているものです。英文的にいうと主語に当たります。例文を上げると、
He is taller than me.
(彼は私よりも背が高い)
でいうHe(彼)です。

次に②対象ですが、比較対象のことです。比較という以上主体となにか別のものを比べています。その何かです。先の例文でいうme(私)です。
ここで注意なのが、主体と対象は概念的に近しいものということです。例えば、私(I, me)と言葉(word)は概念として全く異なるものなので比較されにくいです(状況によってはありうる)。

次に③項目です。項目は採点基準みたいなものです。
例えば先の例文だと、彼を私と比べている訳ですが、どういう点で比べているかということです。ここだと「背の高さ」になります。
先の「主体と対象が概念的に同じ」という説明ですが、より正確に言うと「同じ採点ができる」かどうかです。「彼」と「私」はどちらも「背の高さ」で採点できます。しかし「単語」は「背の高さ」で採点できません(単語という概念に身長はないですもんね)。
逆に言うと、全く異なる概念同士でも同じ採点ができるとしあと対象の関係になれます。例えば、
His face was more blue than sky.
(彼の顔は空よりも青かった)
という文において「彼の顔」と「空」は全く異なる概念ですが、「青さ」という採点ができるので主体と対象の関係になってます。

最後に④結果です。これは単純で、採点の結果です。
1番初めの例文でいう、「どちらが背が高かったのか」です。この文だと主体の「彼」の方が背が高かったので、「more tall→taller」となっています。もし私の方が背が高かったら「less tall」になっていたか主体と対象が入れ替わっていました。

以上4点でした。
例文では普通の比較級でしたが、同等比較級や最上級でも同じ考え方で理解できます。同等比較級だと④結果が「同じくらい」となります。最上級だと②対象が集団になります。
この4点を抑える癖をつければ、比較の英文和訳も迷わないかと思います。

もし意味が分からないとかもっと詳しく説明して欲しいとかあればコメントやメッセージください。
これから暑くなっていきますが、負けずに頑張ってください!

pMz9QCZ6AGdNpq3CupZANORQ3gh1
C548AA21B05845BE959F25D7C49FCB86
mooYSwTgCd9m1o8TqDyC